ちくびをピンクにする方法について


ちくびの色をキレイにしよう

ちくびの色を気にしている女子は、意外に少なくはないです。デリケートな問題だけに、美しさにはこだわりのある女子にとっては、大きな悩みの種の一つです。ちくびの色が黒ずみを増してしまうのには、いろいろな原因があります。年齢を重ねることで知性は際立ちますが、皮膚の新陳代謝は低下します。こうして剥がれ落ちるべきメラニン色素は、肌サイクルが乱れるので蓄積されて黒ずむこととなります。女性ホルモンバランスが、低下することでも黒ずみを引き起こします。

乳首の黒ずみを改善できるクリーム

女性ホルモンは、ちくびの色をピンク色にしますから、女性ホルモンを整えるのも大事なことです。意外かもしれませんが、生まれつき黒いというケースもあります。メラニン色素の量が、もともと多いというタイプです。なストだけではなく、全体的に皮膚の色は黒っぽい感じです。しかしこうしたことも、日々のケアによって、明るさを取り戻していくことは可能です。女性には人生において、様々なライフイベントがあり、体質も重なり合って黒ずみやすい傾向にあります。妊娠や出産などで、メラニン色素が増量するためです。しかしこうした自然現象は、正しいお手入れしだいで、ゆっくりと解消されていきます。

ちくびをキレイなピンクにする方法

ちくびをピンクにする方法には、いくつかの手段があります。まいにtのバスタイムでお手軽にできる方法としては、美白効果のある石鹸を利用して、黒ずみをピンク色に変えていくことができます。一般的な美白効果のタイプは、少しお肌への刺激が強い可能性がありますから、うるい皮膚にも使えるデリケートゾーン用の美白石鹸を使用するとよいでしょう。デリケートなちくびの皮膚にも優しい石鹸の成分で、ホワイトニング効果を期待できるタイプを選びましょう。キレイに洗ったら、美白用のクリームを塗布して、ホワイトニングを目指しましょう。ただ肌質の違いもありますから、バストトップには低刺激なクリームを使いたいものです、皮膚科で医薬品のクリームを、ドクターに処方してもらうのも良いでしょう。定期的なバストケアとして、ヨーグルトを賢く使う方法もあります。プレーンヨーグルトに、しっとりのはちみつを混ぜて、小麦粉も少し混ぜます。ちくびにのせてパックをして、3分から5分ほどしたら洗い流して、古い角質も除去しましょう。普通にヨーグルトの上澄み液の、ホエーをちくびに塗って、パックしてもピンクにする方法として良いやり方です。


No Comments are allowed